肥満ホルモン???

  • 2019.06.14 Friday
  • 16:56

 

今日も風は強かったですが

いいお天気でした(^^)

 

 

今日は

すい臓から分泌されるホルモン

「インスリン」について書こうかなと。

 

 

インスリンは

「血糖値を下げてくれるホルモン!」

というのは割と知られていますよね。

 

 

肝臓から血液が出ていくときに

恒常性を保つよう

血糖値が上がり過ぎないようにしてくれます。

 

 

それに加え

インスリンはブドウ糖を「グリコーゲン」

という多糖類に変えて

肝臓にためておけるようにします。

運動や勉強をして低血糖になると

それを使ってくれるんです!

 

 

 

 

 

 

でも、それはたった100gまでなので

どんどんどんどん食べ続けると

今度はブドウ糖を中性脂肪に変えて

脂肪細胞にため始めます💦

 

 

食後30分くらい空けて運動をすると

骨格筋細胞の入り口を開けてくれますが

ごろごろしてばかりいると誰も糖がいらない状態に。

 

 

インスリンが出れば出るだけ

中性脂肪として脂肪細胞へ貯蔵される。

だから・・・

 

 

「インスリン」=「肥満ホルモン」

 

 

と言われるんですね(-_-;)

 

 

 

 

GI値の低いものから食べ始め

よーく噛んで、腹八分目にする!!

 

 

これは、働き過ぎなすい臓を守るためにも

すごく大切なことです。

 

 

30回そしゃくするってなかなか大変ですよね。

私もできていない・・・。

 

 

でも、なるべくこれに近付けられたら

少ない量でおなかいっぱいになれるし

自分の体も守れるのかなと。

 

 

この間、脂肪肝が増えているというのを

テレビでやっていました。

やせているのに脂肪肝という人が

結構いるみたいです。

 

 

これも、

余った糖が中性脂肪に変わった結果・・・。

 

 

自分自身の実感として

40歳過ぎてから本当に痩せにくくなりました(-_-;)

悲しいぐらい。

 

 

ほんと、他人事ではない。

頑張らねば💪です!

 

 

 

 

 

サロンHP、ご予約・お問い合わせはこちら

 ⇓

 

LINE@お友達登録はこちらからお願いします

友だち追加

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM